ファイトケミカルには老化を防ぐ効果効能がある

この記事は約2分で読めます。

鷲尾先生
鷲尾先生

ファイトケミカルとは直訳すると「植物性化学物質」と言われます。これは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。

ファイトケミカルが注目される理由

最近、ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を聞くことがあると思います。それは、このファイトケミカルの抗酸化力などが、生体調節機能に深く関わっているとしてTVや冊子メディアなどで話題になっているからです。基本的にファイトケミカルは必須栄養素では無いですが、体にとって良い作用をするので、健康維持が目的の人は摂取することをお勧めします。

通常、ビタミンやミネラルは必須栄養素ということで、健康維持に必要ということは皆さんご存じですが、それ以外の「非栄養素」と言われるポリフェノールも身体の健康維持・増進に役立つ作用ということが最近の研究でわかり、それらを含めて現在ではファイトケミカルと呼ぶようになってきました。

ファイトケミカルを摂取することで抗酸化作用を高めます。

病気や老化の原因には、食事や生活習慣、ストレスなどさまざまな要因が挙げられますが、最も影響が大きいと言われるのが体の「酸化」です。みかんやリンゴを置いておくと腐っていくように、空気を吸っている私たちも加齢とともに抗酸化作用が低下していきます。そんな時に摂取したいのがファイトケミカルです。ではどうやって酸化を防ぐ、ファイトケミカルを摂取していけばいいでしょう。

ファイトケミカル豊富な野菜を摂取することのメリット

人の体内にも、もともと活性酸素やフリーラジカルによる酸化を防止するメカニズムがありますが、体外から多くの抗酸化物質を摂取することで、酸化を防ぎ、老化やさまざまな病気のリスクを低下させると期待されています。また、抗酸化作用のあるファイトケミカルの代表がポリフェノールです。CMでもよく耳にする、カテキン、フラボノイド、イソフラボンなども、ポリフェノールの一種です。

ファイトケミカルを効率よく摂取するには

ファイトケミカルは、植物性の食品に含まれている成分「植物に含まれる化学物質」です。ファイトケミカルの中で特に注目されているのが、ポリフェノール、カロテノイド、含硫化物です。主に、植物の苦み、渋み、辛みや色素などに関与する成分ですので、色が鮮やかだったり、独特の風味を持っていたりする植物性の食品に多く含まれている場合が多いです。例えば玉ねぎとかです。

玉ねぎの皮のケルセチン効果、血管は1ヵ月くらいで若返ります。
鷲尾先生 ケルセチンは血管を掃除して若返らせます。 若返りや美容のために食べ物などに気を遣っている方も多いかと思います。いつまでも若々しくいたいと思うのは男女ともに同じ思いではないでしょうか。外見...
タイトルとURLをコピーしました